見つかっちゃったw

保育は20年後の日本を創る仕事。
Toggle

アンケート・リサーチ

男性保育士に関するアンケート調査!増えることに賛成?反対?

男性保育士の割合が増えることに賛成ですか?反対ですか?

【質問】
男性保育士の割合が増えることに賛成ですか?反対ですか?
【回答数】
賛成:87
反対:13

保育士というと女性の職業であるイメージを持っている人が多いでしょう。以前と比べて男性保育士が増えたとはいえ、厚生労働省「保育士等に関する関係資料(H27.12)」によると、約4%。女性の保育士と比べるとまだまだ少ないのが現状です。

男性保育士の割合が増えることに、どのような印象を持っている人が多いのでしょうか。そこで今回は100名の方を対象に、男性保育士の増加に対するアンケート調査を実施しました。

アンケートでは賛成が多数!「男女平等」の尊重や「保育士不足」が主な理由に

アンケートの結果、「賛成」と答えた人が87名と圧倒的多数でした。

・男性保育士の否定は男性差別。職業選択は自由でないとおかしいです。(40代/女性/個人事業主)
・男女平等であるべきだと思うので。保育士と言えども男にもチャンスが必要。(40代/男性/正社員)
・女性だけじゃ人手が足りないし、男性の方が力が強くて役立つ場面があるから。(20代/女性/学生)
・園児にとって「父親」としての役割が期待できるから。女性では難しい?力仕事をお願いできるメリットも。(50代/女性/個人事業主)

男女平等の観点からの意見が目立ちました。また、女性とは異なる役割をこなせるから、という理由も多く見られました。保育園を「家庭のサポート」と捉えるのであれば、男性としての保育士の役割も必要なのかもしれません。

人手不足という理由も挙がりました。その背景には、依然解決の見通しの立たない待機児童問題も大きく関係していると思われます。男性保育士に内心抵抗があっても、性別にこだわっている場合ではないと考えている人もいるでしょう。

やはり女性保育士の方が安心!男性保育士に預けるのは心配という声も

アンケートの結果、「反対」と答えた人は13名でした。

・女性の方が信頼出来ると思うし、子どものことをよくわかっていると思うから(10代/女性/学生)
・男性視点では、子どもの細かな変化に気づかないこともあると思うので、積極的に増やす必要はないと思う。(30代/女性/無職)
・純粋に子どもを思う気持ちで保育士を志す男性ももちろん多くいると思うけど、その反面、実際に変わった嗜好をもつ男性がいることも現実。見分けがつかないので最初から保育士は女性だけ、もしくは男女で役割を分けてほしいのが本音です。(30代/女性/専業主婦)
・保育園で暴力事件が発生してしまうことが容易に予想できるため、断固反対します(30代/男性/経営者)

「女性ならではの視点」「女性のほうが信頼できる」といった回答が目立ちました。イクメンが増えているとはいえ、育児は女性が行うものという風潮はまだ根強く残っています。
男性保育士が子どもと接することに危険を感じる、と考えている人も見られました。先日も、保育士や教師による子どもへの性犯罪のニュースが報道されたばかり。そういった一部の犯罪者の印象が強いと、男性保育士に子どもを任せることに抵抗を感じる方がいるのも仕方ないのかもしれません。

保育士を“専門職”と捉える視点を!

男性保育士を取り巻く議論は、様々な問題を内包しています。雇用における男女平等、職業選択の自由、性別による差別、属性による偏見、待機児童問題などです。今回のアンケートの結果を見ても、賛成反対にかかわらず様々な観点から、そして様々な立場からの意見が出ました。

しかし、アンケート結果を見て、保育士を専門職としてとらえていない意見が見られたことは、社会全体でもっと大きな問題として議論していく必要があります。

保育士は、保育の専門家として国家資格を取得した人しか名乗ることのできない専門職です。専門職として理解されていないことの背景には、日本における「子育て」の地位の低さや、保育士の仕事についての情報不足などが考えられます。

日本の社会が保育士の専門性を理解し認めていくこと、そして保育士や保育施設の運営者自身も、社会に対して専門性を理解してもらう努力を行っていくことが必要です。

Return Top